カーポート買うならエクスショップ

メーカー別人工木ウッドデッキ比較

腐りに強く、メンテナンスもほぼ不要ということで非常に人気の高い人工木ウッドデッキ。メーカー毎に個性あるウッドデッキが開発、製品化されてはいるものの、使う側にとってはその違いがよく分からないというのが正直なところです。今回は一般的に言われている人工木ウッドデッキの特徴をまとめつつ、各メーカーのウッドデッキ製品の個性に焦点を当てて解説していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS

人工木ウッドデッキの特徴(メーカー共通)

人工木ウッドデッキの特徴(メーカー共通)

人工木は、天然木に擬して作られた工業製品です。耐久性があり、メンテナンスフリーなところが大きな魅力です。また、天然木を伐採する必要がなく、再生素材を使用する場合もあることから、エコにつながるという良さも持っています。ここでは一般的に言われている人工木ウッドデッキの特徴について解説していきます。

メーカー/商品ごとの特徴について(その1)

メーカー/商品ごとの特徴について(その1)

一言に人工木ウッドデッキといえども、メーカー毎にデッキ材のデザインや機能性は様々です。床板の幅ひとつ取ってみても、115mmもあれば広いものだと274mmのものまで。厚みにしても20mmから50mmまでバリエーションに富んでいます。ここではLIXILのウッドデッキ商品を中心に、それぞれについて解説いたします。

メーカー/商品ごとの特徴について(その2)

メーカー/商品ごとの特徴について(その2)

一言に人工木ウッドデッキといえども、メーカー毎にデッキ材のデザインや機能性は様々です。床板の幅ひとつ取ってみても、115mmもあれば広いものだと274mmのものまで。厚みにしても20mmから50mmまでバリエーションに富んでいます。こちらではYKKAPその他主力ウッドデッキメーカーの商品それぞれについて解説いたします。

【番外編】タカショー天然木ウッドデッキ「タンモクデッキ」

【番外編】タカショー天然木ウッドデッキ「タンモクデッキ」

タカショーのタンモクデッキシリーズは、床板に自社独自の防腐性能を施した天然木を採用しています。使用木材も国内産の杉材、北欧産パイン材、北米産ホワイトアッシュの3種類。ここではタンモクデッキをベースに、天然木ウッドデッキの特長について解説いたします。
  • エクスショップ エクスショップ
  • ガーデンプラス ガーデンプラス
どろわー