カーポート買うならエクスショップ

7. カーポートの奥行を決める際のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS
提案から工事まで、お庭のことならお任せください。 エクステリア商品が安い! 最大63%OFF ガーデンプラス

カーポート下に車を止めることはもちろん、自転車やバイクを一緒に置きたい、2台分の車を駐車したいなど、ご希望は様々かと思います。ここでは、人気の1台用、1.5台用、2台用のカーポートのサイズを紹介いたします。

1台用 標準タイプ(奥行:5,000mm~5,700mm)

1台用 標準タイプ(奥行:5,000mm~5,700mm)

車の扉を開いた際、カーポートの2本の柱の間にドアが来るように設計されているケースが多いです。柱の前後にはおおよそ1mづつ余裕があり、車を止めた際に人が前後をぎりぎり歩ける程度の大きさで設計されています。

1.5台用 延長タイプ(奥行:6,300mm~7,700mm)

1.5台用 延長タイプ(奥行:6,300mm~7,700mm)

車の駐車に加えて、オートバイや自転車などを置けるスペースが確保できるように設計されたカーポートです。通常は1台用のカーポートに対し、半分程度の大きさの、柱1本分のカーポートが連結される形です。連結できる追加用の延長カーポートは様々なサイズがありますので、用途に合わせてサイズを選ぶことが可能です。

2台用 縦連棟タイプ(奥行:10,000mm~11,400mm)

1台用のカーポートを2つ繋げた形のカーポートです。縦長の駐車場や、縦列駐車を想定した駐車場に設置されることが多く、1.5台用の延長タイプのカーポートと同じく、様々なサイズ展開が可能なタイプのカーポートです。

2台用 縦連棟タイプ(奥行:10,000mm~11,400mm)

どろわー