カーポート買うならエクスショップ
提案から工事まで、お庭のことならお任せください。 エクステリア商品が安い! 最大63%OFF ガーデンプラス

ウッドデッキには目隠しフェンスを付けたほうがいい?そのメリットをまとめました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS

ウッドデッキとは、天然木材(ハードウッド、ソフトウッド)あるいは、木材と合成樹脂が混ざった混合木材を用いて縁側を拡大した建物です。現在ではリビングとウッドデッキを一体化させるレイアウトの住宅が流行しています。
ウッドデッキの基本的用途は、建物の掃き出し窓から庭へ出入りできる様にする事で、リビングルームと庭の中間的な空間として使われます。
なお、ベランダに『すのこ』を敷き詰めるタイプのものは、ウッドパネルと呼ばれ別物です。

ウッドデッキで何ができる?

ウッドデッキで何ができる?

住宅にウッドデッキを付けて何が出来るのかを簡単に紹介しますと、『天気の良い日にペットと一緒に日なたぼっこができる』『夏の暑い日には友人を誘ってバーベキューをする』『住宅の建てた場所が良ければ、地元の花火大会で花火を見ながらビールを飲む!』なんて事ができちゃう、とっても楽しいものなんです。しかし、このウッドデッキ・・・実はそのまま施工しただけでは、屋根も壁(目隠し)もありません。
屋根や目隠しは基本的にメーカーオプションでウッドデッキの別売り品として対応しているか、まったく別の商品として販売されている事が多く、それらを追加で購入して設置する事で理想的なウッドデッキに仕上がります。

ウッドデッキに目隠しを付けるメリット

ウッドデッキとして販売されているものは、基本的に地面(室内のフローリングにあたる部分)だけで、屋根や目隠しはありません。
ウッドデッキが欲しいと新築時に建ててはみたものの、目隠しとなる壁が無い事で色々とデメリットが発生したという話はよくあることです。ウッドデッキを目隠し無しで施工した方の声を聞いてみると、

  • ・目隠しが無いと通行人や隣人からの視線が気になる。
  • ・洗濯物を干していたら風が強くて洗濯物が飛ばされそう。目隠しやフェンスがあれば、取りあえず引っ掛かって遠くに飛ばされる事は無かったから、目隠しを建てれば良かった・・・。
  • ・幼児がいるんですが壁(目隠し)が無いがために、ウッドデッキから転げ落ちそうになる。子供にとってはこの高さは高いから危ないなぁ~と思いました。

などなど、この様なデメリットや不満点を感じた方が多い様です。逆に言えば、目隠しさえ付けてしまえば、これらは全て解消されてメリットだけになると言えるでしょう。。

高さ別で見る『目隠し』の種類

ウッドデッキに目隠しがあると非常に重宝するのは先に述べましたが、では具体的にどの程度の高さがあれば良いのでしょうか。ウッドデッキの目隠しの高さは一般的に80cm、120cm、160cm前後程度の設定が多く、一部で高さ2mクラスの商品もあります。これらを高さ別に解説していきます。

目隠し80cmの場合

目隠し80cmの場合

80cm程度の高さの場合は、ウッドデッキでお茶やバーベキューをした場合、目隠し効果はほとんど無いと言っていいでしょう。また、ウッドデッキ関係なく、部屋の中まである程度見えてしまう程度の高さです。成人男性の腰程度の高さですので、椅子を出して座った場合、上半身はまる見えになります。
目隠し効果はほとんど無く、幼児やペットの転落防止か脱出防止が主な目的の場合のみ、オススメできる高さと言って良さそうです。また、このくらいの高さの場合は、布団の干し場として布団を被せる事にも使えます。

目隠し120cmの場合

目隠し120cmの場合

120cmの高さの場合は、座ってお茶をすると顔が出るくらいの高さですね。少し伏せれば隠れられる高さというとイメージが伝わるかも知れません。この位の高さで丁度良いという方もいらっしゃるかも知れませんが、立っている時はもちろんまる見えなので、気になるという方は気になるでしょう。

目隠し160cmの場合

目隠し160cmの場合

160cmの場合は、部屋にいてもウッドデッキでお茶やバーベキューをしていても、ほとんど見えない高さです。そして座ったら成人男性であっても、よほどの高身長でない限りは顔が出ない高さと言っていいかと思います。しかしながら、こうして書くとメリットだけの様に聞こえるかも知れませんが、実はこのくらいの高さになると、今度は日差しが入ってこないというデメリットにも繋がります。
ウッドデッキのスペースが十分広く取られているなら(出入り口から目隠しが離れているなら)、あまり気にしなくても良いと思いますが、ウッドデッキのスペースが狭くて出入口と目隠しが近い場合は、日差しの入り方が変わってくるのでそこは確認が必要です。
また、この位の高さになってくると『ご近所トラブル』の可能性も出てくるかと思います。『そんなにウチと向かい合わせは嫌なのか!』と、隣人とトラブルになった事例も過去にはあった様です。もし160cmクラス以上の高さを選択するなら、その事も考慮してから施工した方が良いでしょう。

参考となる施工例

YKK AP リウッドデッキ200 +リウッドデッキフェンス3型〈横スリット〉

YKK AP リウッドデッキ200 +リウッドデッキフェンス3型〈横スリット〉

(素材提供: エクスショップ  

デッキ本体に加えて、横スリットタイプのフェンス(目隠し)を施工した例です。フェンスはYKK AP純正で、高さは80cm、120cmから選択可能です。

YKK AP リウッドデッキ200 +マイティウッドベーシック

YKK AP リウッドデッキ200 +マイティウッドベーシック

(素材提供: エクスショップ  

マイティウッドベーシックという人工木材を使ったフェンスの施工例です。高さは90cm前後と思われますが、マイティウッドシリーズの場合は60cmから2mクラスまで幅広く設定があるので、選択の自由度は高いです。

YKK AP リウッドデッキ 200 +ステップ5型 ステップHタイプ(2段)×2セット +床下囲い(2段) +ルシアスデッキフェンス

YKK AP リウッドデッキ 200 +ステップ5型 ステップHタイプ(2段)×2セット +床下囲い(2段) +ルシアスデッキフェンス

(素材提供: エクスショップ  

目隠しだけでなく、フェンスや手すりという使い勝手も期待できるルシアスデッキフェンスの施工例です。外観とフェンス(目隠し)の色調が美しく、調和が取れています。

Value Select マージウッドデッキ +デッキフェンス(オプション)

Value Select マージウッドデッキ +デッキフェンス(オプション)

(素材提供: エクスショップ  

エクスショップオリジナルブランド『Value Select』のウッドデッキと、そのオプションのデッキフェンスの施工例です。デッキフェンスは高さ80cm、120cmから選択可能です。

YKK AP リウッドデッキ 200 +モクアルフェンス+ルシアスフェンスF02型

YKK AP リウッドデッキ 200 +モクアルフェンス+ルシアスフェンスF02型

(素材提供: エクスショップ  

目隠しを2段で建てた施工例です。横方向に敷き詰められた目隠し材が、とても高い目隠し効果を発揮しています。

YKK AP リウッドデッキ200 +ルシアスデッキフェンスA01型 +ルシアスデッキ門扉A01型

YKK AP リウッドデッキ200 +ルシアスデッキフェンスA01型 +ルシアスデッキ門扉A01型

(素材提供: エクスショップ  

目隠しの他、ヴェクターテラスF型というテラス屋根と一緒に施工した例となります。屋根もあるので、物干しスペースとしての使い勝手が向上したそうです。目隠しは門のあるタイプを選定した事によって、出入りも楽になります。

YKK AP リウッドデッキ200 +オーニング

YKK AP リウッドデッキ200 +オーニング

(素材提供: エクスショップ  

オーニングによる目隠しの施工例です。目隠しにオーニングを用いる事で、費用を抑えつつ着脱式の目隠しとして使用可能です。また、日よけや屋根としての効果も期待できます。

YKK AP リウッドデッキ200 +リウッドデッキフェンス3型〈横スリット〉

YKK AP リウッドデッキ200 +リウッドデッキフェンス3型〈横スリット〉

(素材提供: エクスショップ  

高さ140cmのハイタイプの目隠しを使用した施工例です。成人男性が座っても、目線の辺りまで完全にカバーできるところまで目隠しされているので、近隣の目が気になることもなさそうです。

YKK AP リウッドデッキ200 +リウッドステップ5型 Sタイプ(2段用) +リウッドデッキフェンス3型〈横スリット〉

YKK AP リウッドデッキ200 +ルシアスデッキフェンスA01型 +ルシアスデッキ門扉A01型

(素材提供: エクスショップ  

ルーバータイプのアルミフェンスと、ウッドタイプのフェンスを組み合わせた施工例です。屋根も施工されているので、洗濯物干しのスペースとしても活用できます。

YKK AP リウッドデッキ200 +シンプルモダンデッキフェンス2型〈横格子2本タイプ〉 +部分段床 1段(正面タイプ)

YKK AP リウッドデッキ200 +シンプルモダンデッキフェンス2型〈横格子2本タイプ〉 +部分段床 1段(正面タイプ)

(素材提供: エクスショップ  

ウッドデッキの外側に、高さの高いタイプの目隠しを施工した例です。ここまでの高さがあれば視線も気にならないでしょう。

無料で専門家に相談できる会社があります。

エクスショップに電話やメールで相談してみる。

エクスショップに電話やメールで相談してみる。

  • エクスショップ エクスショップ
  • ガーデンプラス ガーデンプラス
どろわー