テラス屋根買うならエクスショップ
提案から工事まで、お庭のことならお任せください。 エクステリア商品が安い! 最大63%OFF ガーデンプラス

カーポートの現場調査時に、ぜひ業者さんに聞いておきたいポイント6点。

業者さんと初めて顔を合わせる現場調査。依頼するまでに個人的にいろいろ調べてみたものの、やはり厳密には分からないことだらけ。そこで今回は、安藤さん(仮名)が現場調査で業者さんに確認した内容(実際にやりとりしたのは奥さんだったようです^^;;;)についてのエピソードをご紹介いたします。

聞き手:三宅 あつし

住宅エクステリアを使う側目線で追いかけるイエソト担当編集者

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

取材後記

イメージ

設置商品・仕様

YKKAP エフルージュツイン 積雪~20cm対応
幅=5,988mm
奥行=5,052mm
色:ピュアシルバー
屋根材:熱線遮断ポリカーボネート(クリアマット)
柱仕様:ハイルーフ柱仕様(有効高 約2,350mm)
----------------------------------------
工事日数:1.5~2日
駐車車種:ホンダ ステップワゴン

アルミ材や屋根材などのサンプルがあるかどうか。

カーポート選びの際に、私の場合は住宅街を歩き回ってそれなりの量のカーポートを見てきましたので雰囲気は掴んでいましたが、やはり実物を手に取って確かめたいところ。我が家に来た業者さんの場合は、サンプルの有無を尋ねると、サッとアルミ材と屋根材の見本を出してくれたようです。また、発注が前提で現場調査を依頼したのと、その場に私が立ち会っていなかったので、屋根材の見本を貸してほしいとお願いしたところ、快く応じていただいたようです。
ネットで見たものと実際のものを見ると、当然ですが色目や透明度の違いが明確に分かります。イメージしていたものと実際に齟齬が出たりしないよう、確認できるサンプルがあれば必ず確認することをお勧めします。

工期はどれぐらいかかるのか。

カーポートの仕様や加工によって工事日数が変わる場合もあるようなので聞いておいたほうがいいと思います。我が家の場合は、片流れタイプで工事日数は1日で完了すると伺いました(奥さんいわく)。
実際の工事に立ち会って現場をチラチラと家の中から見学していましたが、「ハツリ」と呼ばれるコンクリートに穴を空けて柱を入れるために深く土を掘る作業が結構時間が掛かっている感じがしましたが(2時間程度)、柱が立って以降は屋根の切り詰めなど特殊加工も無かったのでの一気に作業が進んだ印象です。夕方までには出来上がっていました。ひょっとしたら2台用でも1日で完了するのかもしれません。それから片流れの場合は、基礎に流し込んだコンクリートをしっかり固めて柱の垂直を安定させるために、屋根の前枠につっかえ棒を立てていました。
工事当日はそのままにして、1~2日後ぐらいだったかに回収に来られました。工事の完了時に説明を受けて承諾してましたので、回収時に立ち会うことはありませんでした。
イメージ

工事の際に騒音がどの程度出るのか。

これはご近所さんもあることなので、必ず確認しておいたほうがいいと思います。我が家の場合はカーポート設置において、先に述べました「ハツリ」という工事が発生すると聞いていたので、事前にご近所には奥さんからその旨伝えておいてもらいました。工事当日、業者さんもご近所に重ねてご挨拶してくださってたので良かったです。
ところで、ハツリ工事の騒音ですが、結構大きな音です。ご近所さんに一言入れてなかったら、間違いなく苦情だなと心底思ったほどの騒音です。ハツリが発生する場合は、朝の9時10時頃から数時間、ご近所さんに騒音でご迷惑をかけることになりますので、必ず事前にお声がけすることを強くお勧めします。

事前の見積金額に変更が出そうかどうか。

想定していなかった加工や作業が発生しそうなことが現場調査時に分かったら、どの程度見積り額が変更になりそうか、ざっくりとでも確認しておいたほうがいいと思います。我が家の場合は特に問題もなく、ネットでシミュレーションした見積金額から変更はありませんでしたが、お金に関してはお互いの信頼関係に直結するので、シビアなぐらいでちょうどいいのではないでしょうか。
イメージ

発注前提であれば、希望工事時期を伝えておく。

我が家の場合は3つのサイト上で見積りをシミュレーションして、そのうえでローンが組めるところに絞って現場調査依頼をしたので、厳密には相見積もりを取りませんでした。そのため、依頼した段階で発注前提でしたので、スケジュールについても業者さんにざっくりと希望を奥さんを通して伝えてもらいました。すると、その翌日だったと思いますが、販売会社さんから連絡があって、トントン拍子にスケジュールが決まっていきました。
繁忙期であればこう簡単には行かなかったと思いますが、購入する側の気持ちが前向きで、業者さんと好意的にコミュニケーションできたことで、いい流れができたのではと思います。希望工事日を平日にしたこともその流れを作る要素の一つだったと思います(担当してくれた業者さん、土日は2か月先までほぼ埋まっているようでした)。

工事後、オプションの追加工事を依頼する予定があれば先に尋ねておく。

これは奥さんが業者さんから尋ねられたことなのですが、例えばカーポートのように土地の境界に沿って建材を立てる場合、後付けでサイドパネルを付けようとすると、境界からサイドパネルがはみ出るために取り付けNGになる場合があるそうです。我が家はあいにくそのような追加工事を考えてなかったので問題ありませんでしたが、予定がある場合は、現場調査の際に尋ねておくと事後のトラブル回避のためにもいいと思います。

取材日:2018年10月20日

聞き手:三宅 あつし

住宅エクステリアを使う側目線で追いかけるイエソト担当編集者

取材後記

安藤さんの仰る通り、現場調査の際には業者さんに少しでも疑問や不安な点があれば、なんでも尋ねてみることをお勧めします。上記の6点をとって見ても、読んでみると結構な気付きに出会えたのではないでしょうか。ネット上にもたくさんの情報はありますが、やはり業者さんに直接尋ね、生の情報に耳を傾けること。これこそが業者さんとの信頼関係を築き、納得して購入でき、そして安心して工事を任せられる最適な方法だとお話を伺いながら感じました。

安藤さん、3回に渡るエピソードのご提供、誠にありがとうございました^^

※ プライバシー保護の観点から、取材にご協力いただいたお客様のご氏名は仮名にて表記、写真ではなくイラストにて表現いたしております。ご理解とご了承の程、よろしくお願いいたします。
  • エクスショップ エクスショップ
  • ガーデンプラス ガーデンプラス
どろわー