カーポート買うならエクスショップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS

【施工マニュアル】ドライテックをDIYするコツ(機械手練)後編_透水宣言

提案から工事まで、お庭のことならお任せください。 エクステリア商品が安い! 最大63%OFF ガーデンプラス

動画本編

画像×テキストによるダイジェスト版はこちら

待たせたな。今回はドライテックのDIYにおいて、ハンドミキサーと左官ミキサーを使った方法を説明する。完全に手練りで行う方法は、一つ前の動画を見てほしい。混ぜ合わせた時の、素材の状態がよく分かってもらえるはずだ。

待たせたな。今回はドライテックのDIYにおいて、ハンドミキサーと左官ミキサーを使った方法を説明する。完全に手練りで行う方法は、一つ前の動画を見てほしい。混ぜ合わせた時の、素材の状態がよく分かってもらえるはずだ。

ドライテックの完全手練はとても大変です。
少しでも面積が多い場合、機械で練る方が綺麗に仕上がります。
今回の動画が参考になると嬉しいです。
さあ、DIYを楽しもう。

【ハンドミキサー】

陽光物産株式会社・石井幸太郎社長(以下、石井)「次はですね、こういったハンドミキサーでの練り混ぜをやってみたいなと思います。」

陽光物産株式会社・石井幸太郎社長(以下、石井)「次はですね、こういったハンドミキサーでの練り混ぜをやってみたいなと思います。」

透水「ハンドミキサーですね。」

石井「はい。先ほどの手練りと違ってですね、2セット以上、少し量が増えた場合なんかはこういうハンドミキサーでの練り混ぜがラクになります。」

ハンドミキサー

2袋以上の場合、ドライテックの素をかき混ぜるために使います。骨材は手で練ります。

石井「注意事項としては、高速で回りますので、可動部分には触らないように。所定の位置を持ってまわすように。こうやって使ってください。」

石井「注意事項としては、高速で回りますので、可動部分には触らないように。所定の位置を持ってまわすように。こうやって使ってください。」

(注意)ドライテックの素は粘性が高いので、しっかり保持させて使用してください。

透水「ちなみにこの機械って、どっかでレンタルとか、入手することはできるんですか?」

透水「ちなみにこの機械って、どっかでレンタルとか、入手することはできるんですか?」

石井「そうですね。買う場合は金物屋さんとかホームセンターさんで2万とか3万ぐらいで売ってるかなと思います。建機リース、建機レンタルさんのような会社でも1日2,000円とか3,000円ぐらいで借りれるのかなと思います。」

(目安)購入:2~30,000円 建機レンタル:2~3,000円/日

石井「では、やってみましょう。水をこちら(撹拌用バケツ)のほうに入れてください。水は2セット分2リッターの水が入ってます。」

石井「では、やってみましょう。水をこちら(撹拌用バケツ)のほうに入れてください。水は2セット分2リッターの水が入ってます。」

石井「次は一袋分、ドライテックの素を入れてください。」

石井「次は一袋分、ドライテックの素を入れてください。」

石井「そしたらハンドミキサーで練り混ぜをしてください。先ほどの注意点に気を付けながら少しずつ回してあげてください。」(注意)すぐにそのまま2袋目を投下。混ぜ始めたら一気に全部混ぜてしまいます。

石井「そしたらハンドミキサーで練り混ぜをしてください。先ほどの注意点に気を付けながら少しずつ回してあげてください。」(注意)すぐにそのまま2袋目を投下。混ぜ始めたら一気に全部混ぜてしまいます。

(注意)すぐにそのまま2袋目を投下。混ぜ始めたら一気に全部混ぜてしまいます。

(注意)しっかりと混ざりあってる事を確認してください。

あとはひたすら(骨材とドライテックの素を)練り混ぜます。(手練と同じ)

あとはひたすら(骨材とドライテックの素を)練り混ぜます。(手練と同じ)

【左官ミキサー】

透水「最後は左官ミキサーということなんですけど、これが左官ミキサーなんですか?」

透水「最後は左官ミキサーということなんですけど、これが左官ミキサーなんですか?」

左官ミキサーはドライテックの素、骨材、水を全て一緒に混ぜてくれます。

石井「これの特徴は、先ほどの2回、2つやった練り混ぜとはだいぶ違ってですね、材料を全部入れてボタンを押して練り混ぜることができる。だから、手練りの必要が一切ない、というようなものですね。」

透水「ああ、そうなんですね。これは、ラクですね。」

透水「ちなみに、どこで入手することができるんですか?」

透水「ちなみに、どこで入手することができるんですか?」

石井「先ほどのハンドミキサーと一緒で、金物屋さんとかホームセンターで買うことができます。ただし、20~30万とか非常に高価なものなので。。。」

透水「レンタルはできますか?」

石井「はい。レンタルもあります。レンタルだと1日5,000円ぐらいで借りることができます。」

石井「じゃあ、早速やってみましょう。ではまず、骨材のほうを入れていきます。」

石井「じゃあ、早速やってみましょう。ではまず、骨材のほうを入れていきます。」

透水「これは何袋?」

石井「今回はですね、3セット練っていきたいと思います。」

石井「骨材を入れたら今度はこのドライテックの素を、こちらを3袋入れていきます。」

石井「骨材を入れたら今度はこのドライテックの素を、こちらを3袋入れていきます。」

石井「そしたらですね、ミキサーのスイッチを押して、水を入れていきます。」

石井「そしたらですね、ミキサーのスイッチを押して、水を入れていきます。」

透水「水は1回(水を入れずにミキサーを)まわしてからいれるんですね。」

最初は砂利が動くので、コテで均します。

最初は砂利が動くので、コテで均します。

そうすると硬化が始まってくるので、そこからは砂利が動かなくなるまで叩きます。

【総 評】

透水「今日は3つのやり方で解説していただいたわけですけど、正直言って、一袋でも手練りでやるってのはかなりキツイなっていう感じがするんですけど。。。」

透水「今日は3つのやり方で解説していただいたわけですけど、正直言って、一袋でも手練りでやるってのはかなりキツイなっていう感じがするんですけど。。。」

石井「そうですよね。もうほんとに一袋だけやるっていうのであれば、汗かいてでも手練りでいいのかなと。ただまあ、もうやってみておわかりと思うんですが、もうある程度の数を、一平米とか二平米ぐらい、やっていこうっていうんであれば、手練りは正直難しいかな、と。」

透水「一平米って何袋ぐらいですか?」

石井「5セット分。5袋分ですね。」

透水「5袋分!たしかにキツイですよね。」

石井「なのでそうなると、ハンドミキサーか、最後にやった左官ミキサーでやるほうが非常にラクである、と。」

透水「そうですね。もう全然違いましたね。まあ、ハンドミキサーも、液体の混ざり具合ってのは手練りと全然違ってキメ細やかっていうかなじみがいい感じで「あ、混ぜやすいな」って思ったんですけど、左官ミキサーの便利さにはね、、、あれはほんとにすごいなと思いましたね。」

石井「ああいう機械を使って、段取りよく練り混ぜをすることによって実際のドライテックの施工が非常にラクになる。なのである程度の面積もDIYで行けるということになるかなと思うので、ああいう道具をうまく使ってですね、みなさんに楽しくドライテックの施工をしてもらえればなあと思っております。」

透水「分かりました。改めて今日はどうもありがとうございました。」

プロの施工もDIYでも、大切なのは段取り8分、すなわち事前準備だ。この動画を参考に、しっかり備えてほしい。普段から気になっている、水溜りや雑草を、この機会に解消してみてはどうだろうか。

プロの施工もDIYでも、大切なのは段取り8分、すなわち事前準備だ。この動画を参考に、しっかり備えてほしい。普段から気になっている、水溜りや雑草を、この機会に解消してみてはどうだろうか。

さあ、次の現場へ行こう。

カーポートやウッドデッキ等のエクステリアについての質問や、
商品の評判などがわかる掲示板

エクステリアの質問・掲示板

どろわー